高砂長寿味噌物語

1626年頃

江戸時代に始まったとされる由緒ある仙台味噌。

江戸初期、伊達政宗の時代、仙台藩の味噌御用を勤めていた真壁屋市兵衛が寛永3年(1626)国分町にて「仙台味噌」の看板を掲げたのが、名前の発祥とされています。その後、政宗の指示で仙台城下に「御塩噌蔵(ごえんそぐら)」が設けられ、そこで盛んに仙台味噌がつくられ始めたとの説もあります。

江戸時代初期~

美味なる仙台味噌の評判が江戸に広がった。

二代忠宗の頃になると、仙台藩の江戸藩邸にも味噂蔵がつくられ、仙台城下の御塩噌蔵と同じつくり方で仙台味噌がつくられるようになりました。やがて仙台味噌のおいしさは藩邸外にも伝わり、いつしか江戸の味噌問屋にも払い下げられ、仙台味噌の評判が市中に広まっていきました。

江戸時代

仙台の味を江戸に伝えた石巻湊の千石船。

もともと仙台藩の江戸藩邸の食料・味噌などは、千石船で運ばれました。積み出し港は、江戸時代、東北随一の港だった石巻湊。領内で採れた米やその他の物資の交易を通して、江戸庶民の米や食文化を陰で支え、味噌や醤油などの普及にも大きな役割を果たしました。

創業

復興の時代、石巻の地で味噌づくりを開始。

明治35年(1902)高砂兵助が石巻市万石町で醸造業を始めました。戦時中は味噌・醤油が統制品となり、高砂忠が家業を中断し検査指導員として県内の醸造元を回りました。戦後、昭和21年(1946)高砂忠は石巻市三和町で家業の醸造業を復興。新たな味噌づくりをスタートさせました。

創業期

創業者の名前と能の縁起から名付けられた高砂長寿味噌。

「高砂長寿味噌本舗」の名は創業者の名であるとともに、日本の伝統舞踊「能」の作品「高砂」に由来します。「高砂」に登場する翁と媼は、長寿の象徴。この縁起は「味噌を通して、お客さまの健康でしあわせな日々と長寿を願う」という創業の理念として結実しました。

創業~現在

つくりたいのは、しあわせを感じる味噌。

長寿を愛で、夫婦の睦まじさを愛で、豊かな人生を寿ぐ「高砂」の物語。高砂長寿味噌は、そこに気品と妙味あふれる「味噌づくり」の世界を重ね合わせました。「味噌を味わう人が、しあわせを感じられるように…」。そんな想いをこめて、高砂長寿味噌は味噌づくりを続けています。